ionicons-v5-m
予告編
予告編(30秒)

INTRODUCTION

1947年、ボストンマラソン
ベルリンで止まった時間を動かすために
命がけのレースに挑む選手たちをゴールで待つものとは?
1936年、ベルリンオリンピックのマラソン競技において、日本は金メダルと銅メダルを獲得した。しかし、その2個のメダルには秘められた想いがあった。日本代表としてメダルを獲得したソン・ギジョンとナム・スンニョンが、日本名で表彰式に立ったのだ。第2次世界大戦の終結と共に、彼らの祖国は日本から解放されたが、メダルの記録は日本のままだった。
1947年、ボストンマラソン。その二人がチームを組み、様々な困難を乗り越え、才能あふれる若きマラソン選手を歴史あるボストンマラソンに出場させる。〈祖国の記録〉を取り戻すために──。
韓国を代表する演技派俳優と
今最も注目の最旬俳優が共演!
韓国で伝説の人となった金メダル選手ソン・ギジョンを演じるのは、『チェイサー』『1987、ある闘いの真実』など実話ベースの作品で、圧倒的な存在感と説得力溢れる演技を披露し、韓国のトップ俳優となったハ・ジョンウ。短気で頑固、直球過ぎる男が時折にじませる優しさを、人間味あふれる表情で演じた。
ボストンで走る若手選手ソ・ユンボクには、最旬俳優として注目され「イカゲーム2」への出演も決まったイム・シワン。本格的な訓練を受けて体脂肪を6%まで落とし、マラソン選手としてのリアルな肉体を作り上げ、その美しいフォームで観る者を魅了する。
さらに、ベルリンで銅メダルを獲得したナム・スンニョンに、千の顔を持つ俳優として知られる『藁にもすがる獣たち』のペ・ソンウ。ユーモアあふれる演技で、シリアスなテーマを明るく包み込む。また、ソ・ユンボクに想いを寄せる愛らしいオクリムに、「恋慕」や海外でも社会現象を巻き起こした「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」などで人気急上昇中のパク・ウンビンが扮している。
シュリ』『ブラザーフッド』の韓国の名匠カン・ジェギュが
キャリアと才能を注ぎ込んだラスト15分間の圧巻のマラソンシーン
監督は、全世界で熱狂を巻き起こした『シュリ』と、国内で1200万人もの観客を動員し、アメリカ、フランス、日本など世界各国で絶賛された『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ。壮大なスケールで重厚なヒューマンドラマを描いてきた名匠が、歴史の陰に隠された祖国解放から朝鮮戦争の間の時代の真実に迫る。
いまだ混乱と絶望に包まれていたアメリカ軍政下の韓国から旅立ち、立ちはだかるトラブルをなぎ倒し、遠いボストンの空の下、祖国の国旗をつけて命がけのレースに挑むランナーたち。ラスト15分間の息をすることも忘れるほどスリリングなマラソンシーンが、過去の悲しみと苦しみを、未来の喜びと勇気へ昇華していき、観るものすべての感情を揺さぶり、胸を熱くさせる。果たして、彼らをゴールで待つものとは?  人々に希望をもたらした史実を基に描く、衝撃と感動のヒューマンエンターテインメント。

STORY

1936年、ベルリンオリンピックのマラソン競技において、日本は世界新記録を樹立、金メダルと銅メダルを獲得し、国民は歓喜に沸いた。しかし、その2個のメダルには秘められた想いがあった。日本代表としてメダルを獲得したソン・ギジョンとナム・スンニョンが、日本名の孫基禎と南昇竜として表彰式に立ったのだ。第2次世界大戦の終結と共に、彼らの祖国は日本から解放されたが、メダルの記録は日本のままだった。1947年、ボストンマラソン。その二人がチームを組み、才能あふれる若きマラソン選手を歴史あるボストンマラソンに出場させる。<祖国の記録>を取り戻すために—。

CAST

ハ・ジョンウ
1979年生まれ。韓国中央大学演劇学科卒業。舞台でキャリアをスタートし、『マドレーヌ』(02)で映画デビューを果たす。『許されざるもの』(05)で話題となり、『チェイサー』(08)で絶賛され国内外で数々の賞を受賞する。妻夫木聡と共演した日韓合作映画『ノーボーイズ,ノークライ』(09)でも注目される。韓国の人気ウェブ漫画を実写映画化した『神と共に 第一章:罪と罰』(17)、『神と共に 第二章:因と縁』(18)は記録的大ヒットとなる。他の主な出演作は、『国家代表!?』(09)、『哀しき獣』(10)、『悪いやつら』(12)、『ベルリンファイル』(13)、『暗殺』(15)、『お嬢さん』(16)、『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』(16)、『1987、ある闘いの真実』(17)、『PMC:ザ・バンカー』(18)、『白頭山大噴火』(19)、『クローゼット』(20)、『ランサム 非公式作戦』(23)など。
イム・シワン
1988年生まれ。ボーイズグループZE:Aとして歌手デビューし、韓国で爆発的な人気を得る。大ヒットドラマ「太陽を抱く月」(12)で俳優デビューした後は確実にキャリアを築き、主演作「ミセン -未生-」(14)が大ブームを巻き起こす。ソン・ガンホ、イ・ビョンホンとの豪華共演で話題となったパニック・サスペンス『非常宣言』(22)ではカンヌ国際映画祭に参加し、国際的にも注目を集める。他の主な出演作は、「スタンバイ」(12)、「赤道の男」(12)、ソン・ガンホ共演の『弁護人』(13)、『戦場のメロディ』(16)、『ワンライン/5人の詐欺師たち』(17)、『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』(17)、「なにもしたくない ~立ち止まって、恋をして~」(22)、『スマホを落としただけなのに』(22)など。大ヒットTVシリーズ「イカゲーム2」(24)への出演が決定している。
ペ・ソンウ
1972年生まれ。舞台からキャリアをスタートし、TV、映画でも活躍し、千の顔を持つ俳優と称えられている。主な出演作は、『マルティニークからの祈り』(13)、『尚衣院-サンイウォン-』(14)、『リバイバル 妻は二度殺される』(15)、『造られた殺人』(15)、『インサイダーズ/内部者たち』(15)、『ビューティー・インサイド』(15)、『奴隷の島、消えた人々』(16)、『スウィンダラーズ』(17)、『ザ・キング』(17)、『安市城 グレート・バトル』(18)、『メタモルフォーゼ/変身』(19)、『藁にもすがる獣たち』(20)など。
キム・サンホ
1970年生まれ。韓国屈指の名バイプレイヤーとして数多くの作品に出演し、独自の味わいで広く愛されている。主な出演作は、『ビューティー・インサイド』(15)、『隻眼の虎』(15)、『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』(16)、『あなた、そこにいてくれますか』(16)、『操作された都市』(17)、『ありふれた悪事』(17)、『目撃者』(18)、『ザ・ネゴシエーション』(18)、『焼肉ドラゴン』(18)、TVシリーズ「キングダム」(19)、「キングダム2」(20)、『不夜城の男』(20)、『国際捜査!』(20)、「弁論をはじめます。」(22)など。
パク・ウンビン
1992年生まれ。子役からキャリアをスタートし、自閉症スペクトラムの弁護士を演じた「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」(22)が韓国で社会現象を巻き起こし、海外でも一大ブームとなる。日本でも2022年に初めてファンミーティングを開催し、急遽追加販売となったチケットも即完売するなど高い人気を誇る。主な出演作は、『コ死:デスロワイアル』(10)、『シークレット・ミッション』(13)、「恋のドキドキシェアハウス~青春時代~」(16)、「江南ロマン・ストリート~お父様、私がお世話します!?~」(16)、「恋のドキドキシェアハウス~青春時代2」(17)、「法廷プリンス─イ判サ判─」(17)、「私だけに見える探偵」(18)、「ストーブリーグ」(19)、「ブラームスは好きですか?」(20)、『THE WITCH/魔女 -増殖-』(22)、「無人島のディーバ」(23)など。

DIRECTOR

監督:カン・ジェギュ
1962年生まれ。『Who Saw the Dragon’s Toenails?』(英題)や『The Rules of the Game』(英題)という1990年代に書かれた型破りな政治スリラーの脚本で、早い時期から映画業界で注目を浴びる。監督デビュー作品『銀杏(いちょう)のベッド』(96)が大ヒットを記録、批評家からの評判も高く、多大な成功を収める。その後、公開時に韓国史上最高の観客(推定630万人)を魅了した大ヒット映画『シュリ』(99)で、スパイアクションという新しいジャンルを開拓する。続く『ブラザーフッド』(04)では、韓国映画史において2度目となる1000万人もの観客を呼び込んだ。揺るぎない手法で物語を語り、韓国映画の枠組みを変えた作品としても絶賛される。その後、『マイウェイ 12,000キロの真実』(11)、『あの人に逢えるまで』(14)、『チャンス商会 ~初恋を探して~』(15)などを手掛ける。